岐阜県下呂市・高山市・飛騨市・郡上市で新築注文住宅を建てるならR+house飛騨
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス見学

モデルハウス見学

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス見学

モデルハウス見学

高性能住宅ならエアコン一台で大丈夫!?一台でも高山市で快適に暮らすためのポイントを解説!

家づくりノウハウ
公開日:2023.07.17
最終更新日:2024.01.17
R+house飛騨の家づくり写真
R+house飛騨の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.07.17
最終更新日:2024.01.17

高性能住宅ならエアコン一台で大丈夫!?一台でも高山市で快適に暮らすためのポイントを解説!

R+houseの施工事例写真です。土間空間を作ったリビングに2階へ繋がる鉄骨階段があります。
高性能住宅でエアコン一台で冷暖房を行う方法やポイントとは?飛騨地域で高断熱高気密住宅を建てる工務店が解説!
新築で注文住宅を建てる時ならば、必ずと言っていい程聞く高断熱と高気密というワード。高断熱高気密な住宅に住むと光熱費を削減できるどころか、エアコンの台数が一台でも良くなることも分かっています。
この記事では、本当にエアコン一台で冷暖房できるかの疑問にお答えします。エアコン一台で快適に暮らせる家の条件や、注意点、エアコンの選び方などもまとめました。
高山市・飛騨市・下呂市・郡上市で高性能住宅を建てる際に、参考になるようなエアコンの選び方や間取りのポイントも解説しています。

目 次

高性能住宅ってどんな家?

高いレベルの断熱性能・気密性能・換気性能を確保していれば、エアコン一台で家全体を冷暖房することが可能です。しかし、一般的な高断熱・高気密住宅では、エアコンは複数台必要になってきたり、一台でも20畳を超えるかなり大きなエアコンを設置しなくてはいけなくなります。
まずは、エアコンが一台で済む家の断熱性能と気密性能の基準を知った上で、エアコン一台で冷暖房出来る快適な住まいを見つけていきましょう。
高断熱・高気密住宅についてもっと知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。
>>省エネで快適な生活を送るために必要な住宅性能とは?高山市・飛騨市のZEH地域区分も踏まえて高性能住宅についてご紹介
>>
R+house飛騨の強み高山市で建てる『飛騨地域にマッチした高断熱高気密な住宅』

高断熱な住宅

エアコン一台で冷暖房するためには、家の断熱性能がもちろん重要になってきます。この断熱性能は、大きく3つの基準で分かれています。
住宅の断熱性能の基準は、「省エネ基準」「ZEH基準」「HEAT20基準」の3つです。この中ではHEAT20が最も厳しく、最も断熱性が高い暖かい家となります。
HEAT20については、こちらの記事でもっと詳しく解説しています。
 >>省エネで快適な生活を送るために必要な住宅性能とは?高山市・飛騨市のZEH地域区分も踏まえて高性能住宅についてご紹介

断熱の目安基準はHEAT20クラス

エアコン一台で冷暖房を行う場合、高性能住宅に求められる断熱性能は、HEAT20レベル以上です。
HEAT20はG1からG3まで3段階に分かれていますが、消費電力の削減も加味していくと、HEAT20のG2基準で家づくりをすることをおススメしています。
 
高断熱な家のイメージ画像。夏は涼しい空気を質ないで維持しつつ外の熱を遮る。冬は外からの冷気をシャットアウトする故土江暖かく、こうね日の削減にもなる
HEAT20のG2グレードのUA値は、高山市や下呂市、郡上市をはじめとする4地域で0.34。飛騨市や郡上市の北部といった3地域では、0.28となっています。
飛騨地域の詳しい区分と基準のUA値はコチラの記事でご紹介しています。合わせて確認しておきましょう。
>>高山市での高断熱な家づくりに重要な断熱性能の数値「UA値」っていったいなに?

高気密な住宅

家の中の隙間を無くすことも、快適な冷暖房計画には重要です。
断熱性能をしっかり担保する気密性能は、断熱性能と合わせて確認する必要があります。
気密性を表すC値については、こちらの記事で解説しています。
>>気密性能の基準と推奨するレベルはどこ?【高山市編】 C値について

気密性の目安はC値0.5以下

推奨する気密性能の数値は0.5以下です。エアコン一台で冷暖房を行う場合、C値が0.5以下であれば、エアコンの表示スペックの何倍もの空間を冷暖房することが可能になります。
気密性能のイメージを日常生活に置き換えた場合。ストローに穴が開いていると、そこから空気が入り目的の飲み物が吸えない。

気密測定をしている会社を選ぶ

気密性能は、気密測定という試験を建築中に行うことで初めて数値が分かります。高い断熱性能と気密性能を持っている住宅会社は、必ず全棟で気密測定を行い結果も公表しているので、エアコン一台で冷暖房が出来る高性能住宅を建てる場合は、全棟気密測定を行っている住宅会社を選ぶと良いでしょう。

エアコンと関わってくる換気システム

快適な暮らしに必要な③条件、高断熱・高気密・計画換気
換気システムも、高性能住宅にはセットで考える必要があります。
エアコン一台で冷暖房を行う場合、必ず熱交換機能付きの第一種換気を採用するようにしましょう。
機械で計画通り換気が出来る第一種換気ならば、家の中を満遍なく換気することができます。
そして熱交換システムがついていれば、冷暖房した空気を外に逃がすことなく、無駄のない換気ができます。
換気の種類と熱交換についてはコチラの記事で解説しています。
換気の種類について>>「住宅の換気」の種類と特徴は?高山市・飛騨市の気候や湿度にピッタリの換気方法を紹介
熱交換システムについて>>住宅の換気で採用したい「熱交換」とは?仕組みやメリット・デメリット、高山市ではどんな住宅に向いているかを解説

エアコン一台で大丈夫な理由と条件

レベルの高い高性能住宅ならば、エアコン一台で冷暖房出来るというのは、計算上結果を出すことができます。しかし、普通にエアコンを設置するだけでは、冷暖房を完全にこなすことはできません。
高気密高断熱な住宅において、エアコン一台でも大丈夫な条件は以下の3つになります。

エアコン一台で冷暖房が出来る条件3つ

空間が壁で仕切られていないこと

高性能住宅でも、壁が沢山あり居室が細かく区切られていては、エアコンも十分な効果を発揮することが出来ません。リビングとダイニングが分かれている場合や、広い家の中に行くつもの壁や廊下がある場合などです。こういった仕切られた部屋が存在する場合は、その部屋専門のサブのエアコンをつけてあげると良いでしょう。

家全体に送風できる設備があること

暖かい空気は上に、冷たい空気は下へ向かう性質があります。その為、2階建ての家や勾配天井のある家などは、室内で温度ムラが出来てしまいます。その為、サーキュレーターや扇風機、シーリングファンを設置し、室内を空気が循環するようにしてあげましょう。
R+houseの施工事例写真。2階へつながる階段から天井を見上げると、シーリングファンが天井についている

夏の窓からの日射を遮る工夫がされていること

高断熱住宅の場合、家の中からエアコンの冷気が出ていくことはありませんが、夏の窓から入ってくる熱もため込んでしまうデメリットがあります。その為、日射を遮る工夫が窓際には必要になります。ブラインドやカーテンといった室内で遮る方法が一般的ですが、それでは窓ガラス自体は熱せられてしまうため、外から日射を遮るすだれや庇、外付けブラインドで日射を遮ることが有効になります。

高性能住宅のエアコンの考え方、空調計画のポイント

エアコンの選び方

エアコンには、「〇畳用」など広さの目安となるものが表示されています。実は、この〇畳用というのは、1964年に制定された古い基準だということはご存じでしょうか?
高断熱高気密住宅では、この適応畳数通りのものを選ぶとオーバースペックになりすぎるので、小さいサイズでも十分効果を発揮してくれます。

 エアコン容量早見表

外気温が-10℃、室温を22℃とした場合、家の性能によってエアコン表示性能の何倍まで対応できるかを一覧にしました。
UA値とC値の値から、エアコンのカタログ容量から何倍の空間を空調できるか一覧にした
例えば、UA値が0.34(HEAT20G2グレード)でC値(気密性能)が0.2だと、エアコンの表示スペックよりも5倍以上の空間を暖房することができます。家の延べ床面積が25坪(50畳)ならば、10畳用エアコン1台で暖房のエネルギーは足りるという計算です。
さらに、C値が0.1になり、UA値が0.28になれば、6倍の広さまで対応可能になります。30坪の空間を10畳用のエアコン一台で十分という結果です。
もちろん、実際の家では扉や壁量により空気の循環が阻害されているので、あくまで目安と考えてください。

高性能住宅のエアコンの位置

エアコンが効果的に稼働できるように、取り付ける位置も重要になってきます。一般的な壁付けエアコンの場合、エアコンの下部から暖気・冷気が吹き出すため、エアコンよりも上の空間の空調が出来なくなります。エアコンの位置は、なるべく天井に近く、かつメンテナンスがしやすい位置を選ぶことが大切です。

エアコンの周囲の空間に遮るものを無くす

エアコンからの風がきちんと室内にいきわたるように、障害物がない所に設置することも大切です。

間取り、プランの考え方

出来るだけシンプルな間取りにする

一台のエアコンで冷暖房を行うには、出来るだけシンプルな間取りが望ましいです。居室が多い複雑な間取りだと、壁だけでなくドアの数も増えてしまい、エアコンからの空気がいきわたりにくくなってしまいます。出来るだけオープンな空間を取り、プライベートな居室空間は最低限にする、などシンプルな間取りにするほうが、エアコンの効率は上がります。

複雑な間取りにする場合は、冷暖房がきちんとできるように全館空調を検討するなどの工夫が必要になってきます。

エアコン一台で快適に暮らせる高断熱高気密住宅の施工事例を紹介

R+house飛騨の施工事例

23坪(46畳)の平屋を10畳用のエアコン一台で暮らす

R+house飛騨の家づくり写真
R+house飛騨事例>>家族が適度な距離を保ちながら、心安らげる「憩いの平屋」(23坪・エアコン10畳用一台)

28坪(56畳)のショールームは6畳用のエアコン一台

R+house飛騨のショールーム外観写真。箱型の建物の外観は、白いぬりかべと黒く塗装した木板貼りで倉のような雰囲気に。
R+house飛騨ショールーム>>地域の街並みに溶け込む、高山市のhttps://kusakabe-rplushouse.com/columns/1121「和モダンなショールーム」(28坪・エアコン6畳用一台)

モデルハウス31坪(62畳)の複雑な間取りを全館空調を使いエアコン2台

R+house飛騨の家づくり写真
>>丘の上に建つ、高松市で家を建てる時に参考になるランドマークな家

50坪(100畳)の空間の冷暖房を全館空調を使い20畳用2台で行う平屋事例

R+house飛騨の家づくり写真
>>内と外を連続的につなぐ、高山市で建てる時に参考になる回遊動線のある平屋

 実際の間取りと合わせた、適切な空調計画を行うことが重要

数値の計算上では、30坪の平屋でも10畳用エアコン一台で冷暖房を行えることが分かりました、しかし、実際は2階建てだったり、居室がいくつかあったりと世帯によって条件は様々です。
その為、家づくりでのエアコン計画は、間取りとライフスタイルに合わせた計画を行うことが重要です。
家族がいつも集まるリビングは10畳用とサーキュレーターで冷暖房と空気循環を行い、寝室には、6畳用の小さなエアコンを設置しておき、夜間は寝室のエアコンだけ動かす、といったように暮らし方で空調設備と上手く付き合っていくことが重要です。
 
家づくりの中で、忘れがちなエアコン計画。後悔ポイントにもなりがちな空調計画をしっかりと考えて提案してくれる住宅会社を選んで家づくりをしていきましょう。

エアコン一台でも冷暖房出来る高性能住宅を建てるならR+house飛騨にご相談下さい

R+houseの施工事例写真。
エアコン一台で冷暖房を行う方法と注意点を解説しました。エアコンが少ない台数で済めば、光熱費が削減できるだけでなく、将来の買い替え費用を抑えることができ、季節ごとの掃除の手間も軽減されます。注文住宅を建てる時は、エアコンも含めた適切な空調計画を考えていくことをおススメします。
 
私たちR+house飛騨では、全棟で熱交換機能が付いた第一種換気システムを採用しています。また、全棟で換気経路と換気量の計算と換気口の配置計画を行います。断熱性能はHEAT20のG2クラスで設計を行い、気密測定も全棟行い気密性能も担保した家づくりを行います。
夏の日射遮蔽や冬の日射取得は、パッシブ設計を熟知したR+house提携の建築家、お客様が家を建てる土地にぴったりのプランニングを行います。
R+house飛騨の家づくりについてはコチラでご紹介しています
>>高山市のR+house~建築家と叶える理想の家づくり~
#省エネ住宅 #注文住宅 #新築 #高気密 #高断熱 #環境配慮 #HEAT20 G2 #全館空調 #24時間換気 #第1種換気 #間取り #設計 #性能 #暮らしの工夫 #事例紹介

おすすめのコラム
注文住宅に関する豆知識をお伝えします

R+house飛騨の家づくり写真
お金
2024.06.26

【最新情報】注文住宅の補助金制度をご紹介!高山市周辺エリアの住宅支援制度も

R+house飛騨の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.26

高山市で注文住宅を新築する時の価格相場・建築相場は?

R+house飛騨の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.10

下呂市周辺のマイホームは平屋がおすすめ!その理由とおしゃれな建築事例を紹介

R+house飛騨の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.31

高山市周辺で予算内で叶える注文住宅のこだわりポイントとは?予算の抑え方も紹介

前へ
高山市で注文住宅を新築する時の価格相場・建築相場は?
高山市でBELS評価が高い家づくりをする方法!ZEHとの関係性まで徹底解説
次へ
高山市で注文住宅を新築する時の価格相場・建築相場は?
高山市でBELS評価が高い家づくりをする方法!ZEHとの関係性まで徹底解説

おすすめの施工事例
理想を詰め込んだ注文住宅の施工事例

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのモデルハウス
私たちのモデルハウスをご紹介します。

モデルハウス外観イメージ。木のフェンスと天然芝、植栽豊かな庭とウッドデッキ
【素敵な庭と快適空間の家】モデルハウス
岐阜県下呂市萩原町上村
0576-52-3939

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house飛騨の家づくり写真

CONTACT
家づくりの疑問や不安を解消します

日下部建設株式会社 (R+house 飛騨)
住所
岐阜県下呂市萩原町古関266-1
営業時間
09:00~18:00
休業日
水曜日