岐阜県下呂市・高山市・飛騨市・郡上市で新築注文住宅を建てるならR+house飛騨
カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス見学

モデルハウス見学

カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス見学

モデルハウス見学

高山市・飛騨市の注文住宅の維持費は?必要な維持費用と家づくりのタイミングでできる対策

お金
公開日:2023.11.22
最終更新日:2024.01.17
お金
公開日:2023.11.22
最終更新日:2024.01.17

高山市・飛騨市の注文住宅の維持費は?必要な維持費用と家づくりのタイミングでできる対策

家と財布と家族
注文住宅は建てるときの費用とは別に維持費用がかかります。無理のない資金計画を立てるためにも、マイホームを検討する段階で確認しておきましょう。

この記事では、高山市や飛騨市の注文住宅にかかる具体的な維持費や家づくりのタイミングでできる対策をご紹介します。

目 次

岐阜県高山市・飛騨市の注文住宅の維持費

公共料金の計算イメージ
注文住宅を建てると建築費とは別に、維持費がかかります。毎月または毎年かかる主な維持費は、税金・水道光熱費・保険料の3つです。

固定資産税

土地や建物などの固定資産の価値をもとに税額を算出します。毎年1月1日時点での固定資産の所有者に納税義務があり、注文住宅を所有している間は毎年納税する義務があります。
・算出方法:課税標準額×税率
・高山市の税率:1.4%
(課税標準額の合計額に応じて免税点あり)

都市計画税

都市計画事業や土地区画整理事業の費用にあてるための目的税のことです。1月1日時点での固定資産の所有者に納税義務があり、こちらも注文住宅を所有している間は毎年納税する義務があります。
・算出方法:課税標準額×税率
・高山市の税率:0.3%

水道光熱費

電気代やガス代、水道代などの費用が含まれます。冬の寒さが厳しい高山市や飛騨市は、冬季の水道光熱費が高くなる傾向があります。場合によってはストーブに使用する灯油を購入するケースもあり、水道光熱費にプラスして負担になります。高断熱・高気密な住宅で、室内の暖かい空気を維持できるようにすることが大切です。

>>高山市周辺の気候を大解剖!飛騨&中濃エリアの家に必要な性能とは

また、高山市や飛騨市の地域によっては、冬季の除雪作業が必要です。自宅前の除雪作業は各家庭で実施しなければならないため、別途除雪機の購入費や維持費もかかる可能性があります。

保険料

火災保険料や地震保険料が含まれます。住宅ローンを組む場合は、ほとんどのケースで火災保険への加入が必須となります。

参考元:高山市公式サイト『固定資産税』
参考元:高山市公式サイト『除雪に関するお願い』

>>高山市の住宅ローン事情が知りたい!金融機関の特徴と返済シミュレーション
>>飛騨市の地銀、信用金庫の住宅ローン金利は?総返済額や手続きの流れも紹介

注文住宅の劣化を防ぐための維持費用

リフォームを考える夫婦と電卓
注文住宅に住み続けると、どのような住宅であっても設備や建築部材などの経年劣化が起こります。新築時の性能を維持するには、劣化を防ぐためのメンテナンスが欠かせません。住宅の劣化を防ぐための主な維持費用は、下記のとおりです。
維持費用の表
屋根やベランダ、屋上などの防水シートは、紫外線や雨風の影響で劣化していきます。劣化したまま放置すると雨漏りが起き、住宅性能が低下する恐れがあります。また、防水シートが劣化すると水はけが悪くなりベランダや屋上に水が溜まりやすくなるので、快適に暮らすためにも、定期的なメンテナンスが欠かせません。

外壁や屋根の塗装は剝がれたまま放置すると見た目が悪くなるだけでなく、雨が染み込みやすくなります。壁内の結露や腐食につながるリスクがあるため、定期的な塗り替えが必要です。

定期的に発生する維持費に加えて設備の修理や買い替えも発生するので、あらかじめ注文住宅を維持するための費用を確保しておくようにしましょう。

注文住宅を建てる際の注意点

要点を解説する茶色のジャケット着用の男性
注文住宅を建てるときは長く快適に住み続けるためにも、維持のしやすさを念頭に置いた住まいづくりを検討しましょう。おしゃれなデザインや設備を重視し過ぎると、メンテナンスに手間とコストがかかる可能性があります。

例えば、劣化しやすい建材や外壁、汚れが目立ちやすい壁紙などを選択すると、メンテナンスの負担が大きくなりやすいです。注文住宅を建てる段階で、メンテナンスや維持費を念頭に置きながら間取りや設備、建材などを選択しましょう。

>>注文住宅のメリットとは?高山市・飛騨市での失敗しない家づくりのコツもご紹介

家づくりのタイミングで対策できること

コストの文字
注文住宅の維持費を抑えるためには、家づくりのタイミングで下記のような対策が検討できます。

・断熱性と気密性の高い施工ができる工務店やハウスメーカーを選択する
・太陽光発電設備を設置して発電した電気を売電・自家消費する
・メンテナンスの手間を軽減できる資材や建材を選択する
・除雪作業の手間を省ける外構や屋根の形状を選択する
・アフターサポートが充実している工務店やハウスメーカーを選択する

とくに高山市や飛騨市は寒さが厳しく、光熱費の負担が大きくなる可能性があります。断熱性や気密性の高い施工ができる工務店やハウスメーカーを選択し、光熱費を抑えられる工夫を取り入れることが大切でしょう。

また、安心して住めるアフターサポートが充実していることも大切です。「R+house飛騨」は6種類のアフターサポートを用意しており、維持しやすく快適な住み心地を維持できるようお手伝いしています。60年間分の長期メンテナンス計画も作成しているので、計画に沿った適切なメンテナンスがしやすくなっています。

>>高山市・飛騨市で注文住宅を建てた後も安心!R+house飛騨のアフターサポート

高山市・飛騨市での注文住宅は「R+house飛騨」にお任せください

白と木目のキューブ型の家
R+house飛騨では、飛騨地域の気候に合う高性能な注文住宅を提供しています。光熱費を抑えて快適に暮らせるように、数値的根拠に伴った「夏は涼しく、冬は暖かい家」を実現します。また、耐久性があり次世代に渡り長く住める設計、施工にもこだわっています。R+house飛騨では随時個別相談やイベントを実施していますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

>>高山市・飛騨市でコストパフォーマンスの高い注文住宅が建てられる「R+house」
ロープやペット用階段があるリビング
#岐阜県高山市 #岐阜県飛騨市#注文住宅 #新築 #R+house #エコな暮らし #勉強会 #個別相談 #住宅維持費 #保険・保証・アフターサービス #工務店

おすすめのコラム
注文住宅に関する豆知識をお伝えします

家づくりノウハウ
2024.02.21

規格住宅と注文住宅の違いは?メリットとデメリット、向いているケースを紹介【下呂市・高山市周辺エリア】

家づくりノウハウ
2024.01.27

岐阜県下呂市に住むなら知っておきたい子育て支援制度とは?住宅や医療の補助金も徹底解説

お金
2024.01.17

飛騨市で新築戸建てを建てる際の住宅ローンについて
地銀や信用金庫の住宅ローン商品の説明や総返済額や手続きの流れもご紹介

お金
2024.01.17

郡上市の土地価格の相場ってどのくらい?実際の売買事例も一挙公開

前へ
高山市で新築した場合、将来かかるリフォーム費用はどのくらい?新築後にかかる修繕・リフォーム費用を解説
高山市の特徴や魅力をご紹介!建売住宅か注文住宅か迷っている方も必見
次へ
高山市で新築した場合、将来かかるリフォーム費用はどのくらい?新築後にかかる修繕・リフォーム費用を解説
高山市の特徴や魅力をご紹介!建売住宅か注文住宅か迷っている方も必見

おすすめの施工事例
理想を詰め込んだ注文住宅の施工事例

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

Instagramで投稿している写真をご紹介します。

CONTACT
家づくりの疑問や不安を解消します

日下部建設株式会社 (R+house 飛騨)
住所
岐阜県下呂市萩原町古関266-1
営業時間
09:00~18:00
休業日
水曜日