岐阜県下呂市・高山市・飛騨市・郡上市で新築注文住宅を建てるならR+house飛騨
カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス見学

モデルハウス見学

カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス見学

モデルハウス見学

岐阜県下呂市に住むなら知っておきたい子育て支援制度とは?住宅や医療の補助金も徹底解説

家づくりノウハウ
公開日:2024.01.25
最終更新日:2024.01.27
家づくりノウハウ
公開日:2024.01.25
最終更新日:2024.01.27

岐阜県下呂市に住むなら知っておきたい子育て支援制度とは?住宅や医療の補助金も徹底解説

黒とグレーの外壁にシンボルツリーが映える外観
下呂温泉があることで知られる岐阜県下呂市は育児サポートや住宅支援に力を入れており、子育て世帯が安心して暮らせる街です。今回は岐阜県下呂市で申請できる子育て支援制度や住宅支援補助金などを紹介します。下呂市で家づくりを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

目 次

岐阜県下呂市の特徴

下呂温泉街
岐阜県の中東部に位置する下呂市は、旧益田郡の5町村が合併して誕生した人口3万人の観光業が盛んな街です。下呂・萩原・小坂・馬瀬・金山という特色のある5つのエリアで構成されており、市内で人口が最も多い下呂エリアは日本三名泉の「下呂温泉」がある国内有数の観光地です。萩原エリアは市内唯一の高校や岐阜県の下呂総合庁舎があり、子育て施設やスーパーなどが多いことから生活の利便性が高い地域となっています。

霊峰「御嶽山」のふもとにある小坂エリアは200以上の滝がある「日本一滝が多い町」として知られており、滝めぐりや高原高地トレーニングなどのアクティビティが楽しめる地域です。馬瀬エリアは中央部を清流「馬瀬川」が流れる自然が美しい地域です。農林水産省の「食と農の景勝地」に認定されており、きれいな水で育った鮎やコシヒカリはたいへん味がよく、全国的に高い評価を得ています。

下呂市の南端に位置する金山エリアは「飛騨の玄関口」と呼ばれており、名古屋市や近隣市町へのアクセスが良いことから市外への通勤や出張に便利な地域です。

商業施設は市内を南北に走る国道41号線と国道257号線沿いに集中しており、食品スーパーやドラッグストアが各エリアに点在しています。「Vドラッグ」や「ゲンキー」の各支店にはベビー用品も販売されているので、おむつや粉ミルクが必要なときに便利です。

下呂市は子育て支援に力を入れており、飛騨川公園に下呂市初となるインクルーシブ大型複合遊具を設置するためのクラウドファンディングを行い、2024年(令和6年)4月のオープンを目指しています。マイホームを建てる際に活用できる住宅支援制度や補助金も充実しており、のどかで落ち着いた環境の中で子育てをしたい方におすすめの街といえるでしょう。

参考元:下呂市「下呂市の概況」
参考元:下呂市「下呂市の人口と世帯数」
参考元:下呂市公式観光サイト「下呂温泉の紹介」
参考元:下呂市移住支援サイト「エリア別わが町自慢」

>>下呂市で水害・地震の危険エリアは?注文住宅は防水対策や耐震性能の強化が重要!

下呂市の子育て支援制度

子育てに優しい街づくり
ここからは2024年1月現在で申請できる下呂市の子育て支援制度をご紹介します。

保育料無償化

下呂市にある保育施設は認定こども園と地域型保育事業の2種類に分けられます。保育料無償化の対象となるのは、年少児(3歳)から年長児(5歳)までのクラスに通う全ての子どもと、3歳未満児クラスに通う市町村民税非課税世帯の子どもです。

3歳未満児の保育料については、市町村民税課税世帯であっても、ひとり親や多子などの条件に該当する場合は、保育料が半額もしくは無償となることがありますので、下呂市HPで公開している「下呂市保育料一覧 」をご確認ください。

参考元:下呂市「下呂市内保育所」
参考元:下呂市「下呂市保育料一覧」

放課後児童クラブ

下呂市の放課後児童クラブでは、放課後や長期休暇(夏休みなど)の日中に仕事などで保護者が不在になる家庭の児童を預けることができます。下呂市には常設のクラブと長期休暇期間のみ開設するクラブがあり、料金は年間利用・一時利用などの利用区分によって異なります。

利用料金

利用区分

期間

利用料金

年間利用

年間

月額4,000円

長期休暇のみ

春休み(4月)

1,600円


夏休み(7月・8月)

6,400円


冬休み(12月・1月)

1,600円


春休み(3月)

1,600円

一時利用

授業日

日額500円


学校休業日

日額700円


参考元:子育て支援総合情報サービス下呂「令和5年度放課後児童クラブについて 12月1日更新」

下呂市の子育て助成金・補助金

玩具の家と勉強机
続いて2024年1月現在で申請できる下呂市の子育て助成金・補助金をご紹介します。

こどもの医療費無償化制度

小学生から高校生世代(18歳の年度末まで)の子どもに「福祉医療費受給者証」を交付して医療費を助成する制度です。岐阜県内の医療機関を受診した際に、窓口で健康保険証と福祉医療費受給者証を提示すると医療費の自己負担分が無料になります。

下呂市では子どもの年齢(未就学児・小中学生・高校生等)に合わせて福祉医療費受給者証が切り替わりますが、小学校入学前と中学校卒業時に、市民サービス課から受給者証切り替えの案内が送付されるので忘れずに手続きをしましょう。

参考元:下呂市「こどもの医療費無償化制度(福祉医療費助成制度)について」
参考元:下呂市「未就学児医療費助成制度 (旧 乳幼児)」

下呂市第二子以降出産祝金支給事業

相談する妊婦
第2子以降の子どもを出産した家庭に出産祝い金として、新生児1人につき10万円を支給する事業です。対象となるのは2023年(令和5年)4月1日以降に第2子以降の子どもを出産した母親(または配偶者)です。申請期限は子どもの出生日から6か月以内となっています。

出産時に申請用QRコードを掲載した案内書が配布されるので、本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカード等)と振込口座確認書類の画像を添付して読み取り申請を行ってください。

参考元:下呂市「下呂市第二子以降出産祝金支給事業のご案内」

下呂市の住宅支援補助金

家と財布と家族
最後に、2024年1月現在で申請できる下呂市の住宅支援補助金をご紹介します。

下呂の森が育んだ木の家推進事業

下呂市で生産された木材を一定量以上使用して居住用の住宅を新築または増改築した際に、費用の一部を補助金として受け取ることができます。本事業による補助金は、下呂市と建築物木材利用促進協定を結んだ建築事業者が建築主を支援する形で支給されます。

補助金額

新築タイプ:地域材使用量(構造材および羽柄材等)に応じ、1立米あたり2万円(補助金+木工製品を含め上限50万円相当)
増改築タイプ:増改築にかかる木工事費の3分の1(補助金+木工製品を含め上限25万円相当)

参考元:下呂市「下呂の森が育んだ木の家推進事業の紹介」

下呂市移住促進住宅購入費等助成事業補助金

下呂市への移住を目的とした住宅の新築や中古住宅の購入(または改修)にかかった費用に応じて補助金が支給されます。補助対象者となるためには、年齢やU・I・Jターンをして下呂市に転入することなどの所定の要件を全て満たす必要があります。

補助金の種類

住宅新築等補助金:補助率10分の1(限度額100万円)
中古住宅購入費補助金:補助率5分の1(限度額50万円)
中古住宅改修費補助金:補助率2分の1(限度額30万円)

参考元:下呂市「下呂市移住促進住宅購入費等助成事業補助金」

>>岐阜県下呂市の土地相場ってどのくらい?おすすめエリアや土地売買事例もご紹介

岐阜県下呂市の注文住宅はR+house飛騨にご相談ください!

大きな窓から広いベランダが見えるリビング
岐阜県下呂市は特色豊かな5つのエリアで構成される魅力豊かな街です。子育て支援制度や移住をサポートする補助金・助成金メニューが充実しており、落ち着いた環境の中で子育てに取り組みたい方におすすめのエリアといえるでしょう。

R+house飛騨は岐阜県下呂市エリアを中心に、夏は涼しく冬は暖かく快適に過ごせる高断熱・高気密の家づくりを行っています。無料の個別相談やモデルハウス見学会を随時開催しておりますので、新築の注文住宅をご検討中の方は、ぜひお気軽にご相談ください。
#岐阜県下呂市#注文住宅 #新築 #子育て #補助金 #制度解説 #子育て支援が充実

おすすめのコラム
注文住宅に関する豆知識をお伝えします

家づくりノウハウ
2024.02.21

規格住宅と注文住宅の違いは?メリットとデメリット、向いているケースを紹介【下呂市・高山市周辺エリア】

お金
2024.01.17

飛騨市で新築戸建てを建てる際の住宅ローンについて
地銀や信用金庫の住宅ローン商品の説明や総返済額や手続きの流れもご紹介

お金
2024.01.17

郡上市の土地価格の相場ってどのくらい?実際の売買事例も一挙公開

家づくりノウハウ
2024.01.17

下呂市・高山市・飛騨市で人気の平屋|飛騨地域で平屋を建てる時のメリットとデメリットも解説

前へ
高山市・飛騨市で土地探しをする方必見!失敗しない土地探しの5つのコツとおすすめのエリアを紹介
規格住宅と注文住宅の違いは?メリットとデメリット、向いているケースを紹介【下呂市・高山市周辺エリア】
次へ
高山市・飛騨市で土地探しをする方必見!失敗しない土地探しの5つのコツとおすすめのエリアを紹介
規格住宅と注文住宅の違いは?メリットとデメリット、向いているケースを紹介【下呂市・高山市周辺エリア】

おすすめの施工事例
理想を詰め込んだ注文住宅の施工事例

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

Instagramで投稿している写真をご紹介します。

CONTACT
家づくりの疑問や不安を解消します

日下部建設株式会社 (R+house 飛騨)
住所
岐阜県下呂市萩原町古関266-1
営業時間
09:00~18:00
休業日
水曜日