岐阜県下呂市・高山市・飛騨市・郡上市で新築注文住宅を建てるならR+house飛騨
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス見学

モデルハウス見学

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス見学

モデルハウス見学

下呂モデルハウス計画その②

家づくりノウハウ
公開日:2022.09.28
最終更新日:2024.01.17
R+house飛騨の家づくり写真
R+house飛騨の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2022.09.28
最終更新日:2024.01.17

下呂モデルハウス計画その②

モデルハウスの模型です。北側から角度で外観を収めています。
下呂モデルハウス計画~模型納品偏~
以前お伝えしていた下呂モデルハウスの2回目の打ち合わせの様子をお伝えいたします。前回の打ち合わせから2週間。建築家の齋藤先生が考えたプランのお披露目です!どんなプランになったのだろう、とこの日までずっとワクワクしっぱなしでした。

目 次

今回のプランのポイント

今回のモデルハウスでまず考えなければならなかったことが3つ。それぞれをどうするのかが最初の課題でした。

分譲地の中の一棟目

モデルハウスは弊社が所有する土地の一番手前にあります。その先にいくつか区画があり、分譲地として活用ができるようになっています。将来の区画整理や分筆、道路整備などやることは多いですが、広大な敷地の開発計画を加味しながらモデルをたてる必要がありました。

段差のある敷地

元々は田んぼ(棚田)だった土地の為、それぞれの区画で高低差があります。今回モデルハウスを建てる敷地内も、高さ別に4つのエリアに分かれていました。高低差を活かしていくようにするのか、造成をして高さを合わせていくのか。
造成をすることになってもどのエリアを造成するのか。造成もコストがかかってくるのでバランスを考えながらプランニングをする必要がありました。

平屋?それとも2階建て?

建設予定地は広さも十分あり、平屋も十分建てられる敷地でした。造成をするのであれば平屋が建てられるが、2階建てなら造成をせずとも建てられる…。将来分譲地に家が建った時に違和感なく調和する外観にする必要もありました。それでいてR+house飛騨の分譲地の入り口の建物にもなる為、多少の主張は欲しい…という悩ましい状態です。
モデルハウス建設予定地図面

この土地にどんな家が建つんでしょうか?

プラン提示

建築家の齋藤先生が導き出した回答とは…?
モデルハウスイメージスケッチ図

2階建てプラン

モデルハウスの形状は2階建てとなりました。現状通っている道路には正対させずあえて斜めに配置し収めています。大規模な造成工事も必要ありません。平屋パターンも想定したようですが(写真右側の台形っぽい形)2階建てに落ち着きました。
道路に正対させないことで、外からの視線をさりげなくカットしつつ、リビングの開口部分を南向きにすることも可能にしました。

敷地高低差を上手く活用する

一番大きい区画に建物を収め、一つ上のエリアは駐車スペースになりました。玄関も北側に配置し出入りもスムーズに。建物も道路からは一段高い場所に建つので外からは家の中までは視線が通りません。
モデルハウス配置図

モデルハウス間取り


モデルハウス1階の間取り図
洗⇒洗う
干⇒干す
た⇒たたむ
収⇒しまう
掃⇒掃除する
料⇒料理する
作⇒作業する
配⇒配膳する

1階部分

まずは1階部分から。北側の玄関を抜けると、来客対応用の土間スペースがあります。家の中には上がらないけど、少し玄関先でおしゃべりでも、といった場合に活用できるスペースです。ベンチの下を収納にすることも可能。ベンチのある土間スペースからはリビング部分は見えないように配慮もしています。

洗面台とトイレは玄関の近くに配置し、帰ってきてすぐにアクセスできるように。その向かいには仕切られたワークスペースがあります。ここはリビングと区切られていますが、壁は140㎝の高さで天井まではないので空間としてはつながりつつ、程よくプライベートな空間となっています。

リビングの床は一段下げたダウンフロアを採用。段差に腰掛けて過ごすことを想定しました。
キッチンは2列に分かれたアイランドキッチン。メーカーはグラフテクト

モデルハウス2階の間取り図

2階部分

2階には主寝室と大部屋を一つ。大部屋のほうは後から壁を設けて2つに仕切れるようにしています。子供が増えたときに部屋を増やせるような工夫です。収納は大きなウォークインクローゼットを配置。それぞれの居室にも収納を作れる余地は残しているので物が増えたときでも対応可能になっています。
モデルハウスということで今回は吹き抜けを作っていますが、お子様3人想定ならばこの吹き抜け部分に床を貼り、部屋を一つ増やすこともできます。
家族構成の変化によって形を変える。そんな2階になりました。

待ちに待った模型の登場

満を持して模型がお披露目されます!
建築家との打ち合わせ風景写真

なんと!今回の模型では今後作る予定の道路や周辺の敷地状況まで作りこまれていました!周囲とのバランスが良く確認出来ます。
モデルハウス模型写真。南面から撮影

南面は大きな開口と吹き抜けで採光と眺め、開放感を演出しつつ、敷地の高低差と塀によって外からは家の中の様子が分からないようになっています。
モデルハウス模型 北面

北面の玄関にはあえて斜めに壁を配置。入る人をスマートに迎え入れるアプローチになりました。
モデルハウス模型 2階

そしてこの模型。内部まで作りこんであります!なんという技術力…。毎回模型を見るたびに精巧さに感嘆します。
モデルハウス模型1階

もちろん1階部分もあります!もう私たちは模型に夢中です。手に持ちながら角度を変え、見方を変え、そのたびに「すごいなぁ…」と声がこぼれました。「だろう?良い家だよな!」と自分で言っちゃうお茶目な齋藤先生(笑)

そして次の打ち合わせへ

プラン提示が完了。模型が出てきた後は、細かい場所を見ながら「ここはどうするのか」「こういう選択肢もあるけどどうする?」など修正点などを詰めていきます。想像と違ったから直して、という修正よりも「ここはこうなっているけど、別パターンだったらどうなるんだろう」といった別の切り口の提案も聞きたいという要望がほとんどでした。
今回の打ち合わせで発生した要望や検討余地部分については次回の打ち合わせで提案をしてくれます。その提案と比べて最終決定となります。

建築家の設計力

R+houseでは皆様の家づくりを施工のプロである工務店と設計のプロである建築家が徹底サポート!1人ひとりの暮らしに寄り添った提案が可能です。R+houseの建築家は、業界第一線で活躍している マイスターズクラブに所属するアトリエ建築家と呼ばれる専門家です。設計のプロであることはもちろん、広く深い知識と理論づけられたデザイン力、施主の暮らしに寄り添った自由度の高いプラン。常に自らをアップデートし続けるプロ中のプロだからこそのクオリティを提供します。
R+houseの家づくりに興味も持たれましたら、是非資料請求を!

#建築家 #注文住宅 #間取り #デザイン #事例紹介 #工務店

おすすめのコラム
注文住宅に関する豆知識をお伝えします

R+house飛騨の家づくり写真
お金
2024.06.26

【最新情報】注文住宅の補助金制度をご紹介!高山市周辺エリアの住宅支援制度も

R+house飛騨の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.26

高山市で注文住宅を新築する時の価格相場・建築相場は?

R+house飛騨の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.10

下呂市周辺のマイホームは平屋がおすすめ!その理由とおしゃれな建築事例を紹介

R+house飛騨の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.31

高山市周辺で予算内で叶える注文住宅のこだわりポイントとは?予算の抑え方も紹介

前へ
高山市での家づくりで後悔しない為に
リフォーム?それとも建て替え?飛騨地域ならどちらを選べばいいのか解説!
次へ
高山市での家づくりで後悔しない為に
リフォーム?それとも建て替え?飛騨地域ならどちらを選べばいいのか解説!

おすすめの施工事例
理想を詰め込んだ注文住宅の施工事例

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのモデルハウス
私たちのモデルハウスをご紹介します。

モデルハウス外観イメージ。木のフェンスと天然芝、植栽豊かな庭とウッドデッキ
【素敵な庭と快適空間の家】モデルハウス
岐阜県下呂市萩原町上村
0576-52-3939

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house飛騨の家づくり写真

CONTACT
家づくりの疑問や不安を解消します

日下部建設株式会社 (R+house 飛騨)
住所
岐阜県下呂市萩原町古関266-1
営業時間
09:00~18:00
休業日
水曜日